大阪は高槻で柔らかい焼肉を日々研究する精肉店の話

☆メリークリスマスイヴ☆


こんにちは!肉匠牛久のフナさんです!

今日は、子供から大人まで、いろいろな想いを馳せる方も多い

クリスマスイヴですね♪

スポンサーリンク

ということで、肉匠牛久も・・・

%e8%8a%b1%e4%b9%83%e7%89%9b%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%82%a4%e3%83%b3

ジャジャーーン!!

A5 ランク長期肥育牛「花乃牛」の

サ! サ! サ! サーロインを仕入れちゃいました☆

見るからに上質な脂と、味の濃そうな肉色!

クリスマスなので、リンゴと赤ワインのソースや、

オレンジソース、

白ワインで楽しむならジュノベーゼソースなんかも

おいしそうですね♪

 

クリスマスにステーキを食べる方も非常に多いと思うので、

今日は前回のつづき、「焼き方」のコツをお教えします!

ステーキに限らず、焼き物は基本、鉄板で焼く時も、

あみ焼きのときも、しっかりと熱してください。

 

鉄板なら、煙が出ても大丈夫です!

 

次に、常温に戻しておいた肉を、油を敷かずに

そのまま鉄板にダイブさせます。

 

そして、一気に火を切っちゃってください!

そう!後は余熱で火を通していきます。

 

ジュジュジュジュジューって音が無くなるまでですよ!

 

そして、音が無くなったら、反対側も同じように

焼き入れます。

こうすることで、表面をしっかりコーティングし、

旨みを逃がさず、中は、余計な蒸発を防ぐので、

柔らかさとジューシーさが保たれます!

スポンサーリンク

そして、鉄板に残った油を有効に使います!

 

一般的には、そこにソースの調味料を入れて

ソースを仕上げたり、ガーリックを入れてガーリックオイルに

したりしますが、

 

私が好きな食べ方を、特別にプレゼントしちゃいます♪

 

私は、岩塩で食べるのが好きなので、

焼きあがった後に、岩塩をパラパラっと振るのですが、

残った油に、コーンを入れます!!

 

そのコーンがキツネ色になるまで、油の中で炒って

あげます!すると、香ばしい香りがしますので、

そうなれば、コーンを取り出して、

あとは、お肉の上に、ジュジュジュジューって

かけてあげて下さい!

 

岩塩とコーンの香ばしさの相性がバツグンで

いくらでも食べちゃいますよ(笑)

 

今夜は聖なる夜のクリスマスを楽しんでください!

あなたのお肉ライフが、より良いものに

なることを願っております!

 

メリークリスマス☆フナさんでした!

 

スポンサーリンク

 

 

(Visited 90 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です