大阪は高槻で柔らかい焼肉を日々研究する精肉店の話

美味しい食べ方を知ろう!


おはようございます!肉匠牛久のフナさんです!

スポンサーリンク

ここ最近投稿できてなかった事にひどく反省しております(涙)

っていうのも、年の瀬だなぁ!と感じる事が増えてきており、

やはりバタバタとする毎日・・・

 

そんな中、肉匠牛久のオリジナルソングが遂にできあがりました!

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%b8%e3%82%aa%e9%a2%a8%e6%99%af

これが、当日のスタジオレコーディング風景。

東京、大阪で活躍する、知る人ぞ知る!老舗レゲエアーティストの

「ナニワマン」さんに歌っていただきました!!

 

私たちの、高槻でお肉屋さんをやっていく”さいしょの一歩”を

歩みだした心境や、決意を歌詞にのせ、ナニワマンさんの

【味のある声】

に、グッと込み上げるものを感じました!

 

ナニワマンさん、ほか、こんな機会を提供していただいた

高槻は、ラバラバ食堂のヨッシーさん、なめこママ、

関係者の皆様、本当にありがとうございました!

 

この歌詞の中身のとおり、今の気持ちを忘れることなく、

前へ進んで行こうと思います!!

 

っと、モチベーションも一層上がったところで

今日も張り切っていきたいと思います!

「お肉を買った後に、おいしいお肉なら何をしても

おいしいって思っていませんか?」

 

今日はこんな話題で進めていこうと思います!

 

もちろん、柔らかくて、味がしっかり乗ったお肉をチョイス

した方は、当然、作った料理もそれなりにおいしくなります。

素材のチカラである程度の味は出せるのです。

 

ですが、使い方や相性って、お肉にかかわらず、

いろんなものに共通して、存在します。

 

たとえば、上質なレザーのバッグも、雨との相性が

悪かったり、家の真柱にする、ナラの木も、しっかり水分を

吸収させてから、天日干しで乾燥させるから、100年ものに

なったりと、素材の良さを最大化させるという

使い方が、お肉にもあるんですね!

 

そこで、今日は、誰でも簡単にできちゃう

お肉を2倍おいしくさせる方法をお教えします!

 

これを実践するだけで、お肉が硬くなったり、

味がどっかにいっちゃう事無く、お肉のチカラを

最大限に発揮させることができます!

 

メモの準備はいいですか?

 

いきますよ!

 

発表します!

 

お肉を2倍おいしくさせる方法は・・・

 

ダラララララララ・・・

 

ジャンッ!

 

【お肉を冷蔵庫から出しておく!!】

 

っです!!

 

え~~~~~っ!それだけ~~~!!

って声が聞こえてきそうですね(汗)

スポンサーリンク

ですが、実際これをしっかり意識して

やってる方って非常に少ないんですよ!

 

目安としては、冬の寒い時期は、使う前の

30分~1時間前に、

夏の暑い時期なら、15分前~30分の

間がベストです!

 

私は前職が焼肉屋さんでして、その時に、いろいろな

時間帯で試して、実証済みの結果です!

 

何故、外に出すのがいいのかと言うと、、

 

お肉が芯まで冷えきっている状態で火にかけはじめると、

急な温度上昇により、余計な蒸発を発生させます。

すると、お肉のうま味である「肉汁」が

一緒に飛んで行っちゃうんです!

 

余計な水分が蒸発することにより、お肉の瑞々しさも

失われて、カスカスで、ボソボソ感が出ちゃうんです!

 

ですので、お肉に「ウォーミングアップ」をさせて、

プールに入る前に、体に水をバシャバシャかけてから入水

するのと同じで、温度に慣れさせてから料理を始めると

お肉もビックリしないって事です!

 

聞いたことはあるかもしれませんが、実際に実践していないって

方は是非、これから意識して取り入れてみてください。

これだけで劇的にお肉が美味しくなりますから!!

 

というわけで、今日はお肉をおいしく調理するコツ

についてお話しました。

ちょこちょここういった内容の投稿をしていきますので

あなたもチェックおお忘れなく!

 

あなたのお肉ライフが、より良いものになることを

願っております。

 

フナさんでした!

 

追伸

サイドバーに、今回作った牛久ソング

さいしょの一歩~肉匠牛久~

を公開しましたので

是非、チェックしてみてください!

チェケラ!!

 

スポンサーリンク

(Visited 94 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です