大阪は高槻で柔らかい焼肉を日々研究する精肉店の話

A5ランクの和牛に合う味付けとは?


こんにちは!肉匠牛久のフナさんです!

スポンサーリンク

 

今日はA5ランク黒毛和牛【信州プレミアム牛】をやっと!入荷できました!!

 

この信州プレミアム牛の特徴は、なんといっても

脂質の良さ☆

しっとりとしたやわらか~い脂は、

口溶けがよく、甘みがたっぷりです!

だから、一緒に調理した食材も

いつもより2倍の旨みをひき立ててくれますよ♪

 

あとは、女性の中で今かなり注目されているアミノ酸の一つ

【オレイン酸】

信州プレミアムは、一定のオレイン酸含有量を満たしていないと

信州プレミアムとして販売してはいけない!

という鉄の掟がある、選ばれしA5ランク和牛。

美肌効果もバツグンで、なおかつ幸せを感じさせてくれる旨み!

この両方を叶えてくれる、女性の強~い味方になってくれるのが

この【信州プレミアム牛】

 

この和牛肉をやっと仕入れることができ、

今まで以上に幸せを食卓にお届けしたいと思います!!!

 

さて、このようなA5ランクの「高級黒毛和牛」なのですが、あなたはどのようにして、美味しく召し上がりますか?

 

塩コショウで焼いて食べる。

わさびを乗せて素材の味を楽しむ。

わさびとしょう油でサッパリ頂く。

おろしポン酢をタラっとかけて味わう。

旬のお野菜と一緒にすき焼きをする。

 

などなど、色々な楽しみかたがあるかと思いますが、

上記に書いた中に、相性の悪い食べ方があるのです!

 

あなたはお解かりですか??

 

さっきアップいたしました写真を見てください。

結構サシが入っているのがわかると思いますが、

実は、サッパリ食べようと、しょう油をつけても、

脂がしょう油を弾いちゃって、味が乗らないんです!

 

このように聞くと

「そりゃそうでしょ!」

って思うかもしれませんが、意外とみなさんやっちゃってます(汗)

 

口の中に入ってまずしょう油だけの味がして、

そのあとに、ほぼ肉だけの味が支配するので、

後味がキレの悪い印象になります。

このように食べると、かえって重くなって、

箸が進まなくなってしまうんです!

 

テレビCMとかでよく、焼いたお肉にそのままドバドバと

ポン酢やしょう油なんかを豪快にかけるシーンなどを観て

『あたりまえ』の食べ方だと思っちゃってるんですが、

あれはあくまでテレビCM用です!

 

料理人の方なんかはあんなこと絶対にしませんからね!

お肉もしょう油も両方、素材力を殺してしまいます。

 

サシがたくさん入ったお肉や、脂のノリが良いお魚なんかは、

しっかり味が乗るように、なにかと絡めて使ったりします!

スポンサーリンク

 

例えば秋刀魚をしょう油で食べるときは、

大根おろしにしょう油を垂らして、その大根おろしを

秋刀魚にのせて食べるでしょ!?

 

こんな感じで、お肉も、大葉をしょうが醤油に漬け込んで

お肉を大葉で包んで食べたり、

うす~くスライスしたジャガイモを

しょう油バターで焼いて、お肉をサンドして食べたりすると

お肉と味付けがしっかり絡んで、しつこくなく食べられます!

 

ちなみに私のおすすめは、岩海苔をつけてそのまま食べる!

みょうがで挟んで食べる!

この2つがオススメです!

岩海苔じゃなくても、海苔の佃煮でも十分おいしいですよ♪

 

こんな感じで、お肉の素材に合わせた味付けで食べると、

しつこくて食べれないってことがなくなっちゃいます!!

 

ほかにもおススメの食べ方はたくさんありますので、

いつでもお気軽にご質問ください!!

 

今日はお肉の味付けの相性についてでした!

 

あなたのお肉ライフがより良いものになることを

願っております。

 

フナさんでした!

 

スポンサーリンク

(Visited 406 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です