大阪は高槻で柔らかい焼肉を日々研究する精肉店の話

肉を食べたら胸焼け、胃もたれがする!~前編~


こんにちは。大阪は高槻でA5ランク黒毛和牛をメインに、当店オリジナルのコロッケやハンバーグ、ミンチカツなどを販売する本格精肉店を営んでおります、オーナーのフナさんです。

スポンサーリンク

あなたは最近お肉をたくさん食べる事ができますか?

胃もたれや胸焼け、見ただけでお腹がいっぱいになってしまう・・・

なんて事になっちゃうって声をよく耳にします。

 

確かに、年齢とともにお肉がきつくなってきたって事を実感しますが、

真実は違うんです!!

いきなり世の中の風潮を完全否定するような事を言っていますが、

「年齢とともに」って事。これ、本当にそうなんでしょうか?

 


いまや若い子までがきついという時代

 


ある焼肉屋さんで食事をしていた時のこと。

隣の座敷に座っている男女6名の、おそらくは大学生くらいの比較的若い人たちが、

「最近ほんまにあかんわ~。サシの入った肉が食べれへんようになった!」

「え~!私なんかだいぶ前から無理やで!」

「いや、ほんまに赤身がホッとするわ」

「ほな、今日は赤身祭りやな!!」

ワイワイガヤガヤ・・・

 

なんていう会話が聞こえてきました。

若者なのに頼りないなぁって思うかもしれませんが、実はこれ、

実際に若い人でも無理になっているんです。

どういう事かこれから説明していきますね。

 

脂身がきついという事を一斉に言い始めた


あなたもそうかもしれませんが、多くの方がある時から

「最近脂がきつくなってきた」って事を言い出しています。

確かに年齢とともに胃腸が弱り、脂に対する耐性が衰えているっていうのも一理はあります。

 

しかし、わたしは疑問を感じました。

わたしの祖父はずーっと脂身のお肉だろうが、赤身だろうが

何でも来いって人でした。

でも、医者に摂取を控えるように言われ、あえなく肉を食べなくなりました。

 

ですが、祖父はずーっと「肉はいくらでも食える!」って豪語してたんです。

これはわたしの祖父が異常に強かったのか?

それとも他に理由があるのかと思い、少し調べた事があります。

 

正確なリサーチをしたわけでもなく、ただ、知人を介してアンケートのようなもので

声を聞いて周っただけなので、正式なデータではありませんが、

肌感覚的な事をいうと、ここ10年~15年前くらいから一斉にみんながこの

「最近脂がきついなぁ~」っていうフレーズを唱え始めているんです。

スポンサーリンク

原因は体質ではない!


どういう事かというと、

現在70代の方に聞くと、「60くらいまでは何とも無かったけど…」という意見が。

現在60代の方は、「45くらいから急にサシの肉がきつくなった…」という意見。

さらに50代の方からは、「35過ぎたらきつくなるよ!」という意見が。

そして40代の方からは、「30まではいっぱい食べてたけど…」という意見。。。

これ、どの世代もほぼ同じ時期くらいからきつくなってきたって言ってるんです!!

 

衝撃的な結果じゃないですか!?

 

そうなんです!みんな大体同じくらいの時に、食べれなくなってきたんです。

って事はですよ・・・

 

多くの方が自分の体質によるものだと思い込んでいますが、

実は原因はそこじゃないかもしれないって事です!

 

実際に20代の若者が今、そういったお肉を食べて

「昔から赤身が好きだった」って言ってるんです。

今の若者世代が肉を食べている期間って、人生でいうと

そんなに長くないですよね。

だから、食べ始めたころからすでに、脂がきつかったって事です!

 

今の40代50代の方が聞いたらあり得ない!って声がたくさん聞こえてきそうです。

 

ある時期から『肉』が変わってしまった


そう考えると、何故あんなに美味しく食べれていたサシの入ったお肉が急にきつくなったのか…

 

これって、『肉』に問題があるって事ですよね?

 

今まで食べていた人たちが一斉に

「肉を食べるのがきつい!胸焼けや胃もたれがすごい!」って言い出しているんですから。

 

これには肉の【脂質】が大きく関係しているんですね。

 

このお話は、非常に長くなっちゃうので2部に分けてお話します。

次回は「重い脂の核心をつく」内容です。

おたのしみに!

スポンサーリンク

(Visited 3,031 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です