大阪は高槻で柔らかい焼肉を日々研究する精肉店の話

ダマして売る肉屋!増えてます!


こんにちは!大阪は高槻で、A5ランク黒毛和牛の焼肉をメインに、朝一から手捏ねで作る、コロッケやハンバーグなどを販売する精肉専門店を営む、オーナーのフナさんです!

 

先日、周辺の市場調査と、夕飯の材料を見に行く為に、近所のスーパーに行きました。

 

やっぱりお肉屋さんなので、買う買わないは別にして、精肉コーナーには立ち寄るといった職業行動をするのですが、

 

「なんじゃこりゃぁ~~!!!」

と、ベタなリアクションが出てしまうくらいお粗末なお肉屋さんを発見!


まだまだ増え続けるダマし売り

 


スポンサーリンク

 

【黒毛和牛】

としっかり表記されたすき焼き用のお肉。

ですが、見た目はどう見ても真っ赤っか。

 

これは間違いなく『経産牛』でした!

 

そもそも「経産牛」というのは、出産を経験した牛のこと。

 

人間と一緒で、体質変化をして、味や見た目、脂質に硬さなど、

普通の黒毛和牛よりも品質じたいは落ちます。

 

もちろん、仕入れ価格もそれに応じて安くなるのですが、

このお肉屋さんは、れっきとした黒毛和牛価格で販売しています!

 

他にも鶏肉は、廃鶏といって、卵を産み終えた鶏を処分するのに、と殺して、どうせならお肉として販売しようという鶏肉なのですが、

ようはこれも、牛肉と同じく、体質変化をし、普通のブロイラーや地鶏とは違った状態になります。

もちろん仕入れ価格も格安なのですが、

こういったお肉を『地鶏』に見せて売っていました。

 

地鶏も廃鶏肉も、共通しているのは

【肉質が硬い】ということなのですが、

これを利用して、地鶏だと思い込ませて販売する、

 

本当に消費者の事をナメていますよね!

 

そのお店のPOPをみても、

その廃鶏肉の前に『シャモ』の写真がでかでかと貼ってあり、

あたかも『シャモ肉』っぽい演出をしています。

 

牛肉コーナーでも、かなり高級なブランド牛のお肉のPOPを貼って

「だから黒毛和牛はうまい!」みたいな事が書かれていました!

 

どちらも法律に違反はしていません。

 

ですが、お客様からの質問にははっきり答えられない販売方法。

 

これって儲けることしか考えていない粗悪店ですよね?

 

こんなお店が本当に跡を絶ちません。

 

「経産牛がいい」「廃鶏がいい」という人であれば何の問題も無いのですが、

「おいしい黒毛和牛を買ったつもり」「地鶏がほしい」と思っているお客様に

このようなお肉を販売しているってプロ失格ですよね!!

 

私は本当にこのようなお店にイライラし、嫌悪感を覚えます。

精肉コーナーでお肉を買っているお客様を見ていると、本当に心苦しく思います。

スポンサーリンク

 

あなたはこういった〝詐欺まがい〟のお店に騙されないでください。

 

高いお肉を買うことではなく、ちゃんとしたお店で買うということを意識して頂ければと

切実に思います!

 

あなたのお肉ライフがより良いものになる事を願っています!

 

フナさんでした!

 

スポンサーリンク

(Visited 1,271 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です