大阪は高槻で柔らかい焼肉を日々研究する精肉店の話

母の日のプレゼント選びで失敗しない方法


こんにちは!大阪は高槻でA5ランク黒毛和牛の焼肉をメインに、朝から手作りで作っております

コロッケやハンバーグなどを販売する本格精肉店を営んでおりますオーナーのフナさんです!

 

今日のテーマは


母の日

 


についてです。

あなたのお母さんや、義理の母、奥さまに普段ではなかなか渡せない

プレゼントを贈れる日ですね!

スポンサーリンク

 

でも、実際渡すとなると・・・

 

そもそも何を渡せばいいのか

とか、

改まってプレゼントを贈るのが照れくさいって理由で

なかなか渡せないって方もなかにはたくさんいらっしゃいます。

 

そんな、何かした方がいいのはわかっているけど

どうしたらいいのかわからないって悩んでいる方に

わたしが渡す時にどのような事を基準に考えて、

どのように渡しているのかをご紹介します!

少しでも参考にしてみてください♪

 


おかあさんって実は・・・

 


普段テレビなどで観る、主婦の井戸端会議の風景などの描写で、

ダンナの悪口や、子供のグチを言っているシーンってよく見かけますよね?

 

実際主婦同士で集まると、ああいった会話になっているのかどうかは

主婦じゃないので何とも言えないのですが、

わたしのお店に来店されている方はほぼ主婦さんがメインです。

 

そんな主婦さんとお店のスタッフの会話を聞いていると、

「こないだ買ったお肉、子供が大絶賛していたから

この前みたいなお肉ない?」

とか、

「主人は赤身系が好きだから、赤身のおすすめは?」

 

という話の内容をよく聞きます。

 

「わたしは脂が好きだから脂のおいしいお肉は?」

「わたしは鍋が好きだから焼肉はいらない」

という話はほぼ聞きません。

 

何が言いたいのかっていうと、

主婦同士で話している内容からは想像できない

ってことです。

 

ご主人や子どものことをバカにしたような会話をしているわりに、

いざ、家族と共有する事を考えると、

自分のことは後回しにし、

ご主人や子どものことばかり考えています。

 

イメージと違うくないですか?

 

もし、テレビの中の井戸端会議が事実なら、

そういった状況でも、

「ダンナはどうでもいい」とか「子供なんて味わからないでしょ」

 

って考えて、自分の好きなものだけを選ぶと思います。

 

でも、いざってなると家族の事ばかり考えているんです!

 

おかあさんとか奥さまって

奉仕精神のかたまり

みたいな存在ですよね!

 

女の人自体がそうなのか、これを母性本能と呼ぶのかは

わたしが女性じゃないからわからないのですが、

これがおかあさんや、奥さまの性質だってことです。

 

次に考えたいのが


プレゼントにできるもの

 


ってどんな〝モノ”が考えられるのか。

 

わたしが考える要素としては

  • お金
  • ひと
  • 時間
  • 品物

この4つの資源を贈るって事です。

または、これらを組み合わせて贈る。

 

例えば【お金】

さすがに現金で渡すのはちょっと引けますよね(笑)

渡すほうも貰うほうもなんか嫌な感じになります。

だから、商品券や金券を贈るということ。

 

次に【ひと】

これは、仲のいい友人や両親、

または家族ぐるみで付き合いのあるファミリーなどを

招いて、みんなでパーティーをする。

そして【時間】

これは、いわば「代行業」です。

家事や育児などを変わりにしてあげて、

自由な時間をプレゼントするって事です。

あとは【モノ】

よく母の日の贈り物で売られているモノといえば

【花】 【美容グッズ】 【アクセサリー】など。

こういった要素を組み合わせたりして

プレゼントを考えるのですが、

先ほどお話したとおり、おかあさんや奥さまというのは

奉仕精神が強い

のです!

スポンサーリンク

だから、自分ひとりで楽しめるものも確かによろこんでもらえるのですが、

心なしか貰いづらさあるって事。

 

たとえば、同額の商品券と、旅行のチケット。

これ、同時に出してどちらかを選んでって言うと

後者を選ぶ人が圧倒的に多いのです。

 

商品券のほうが自分の好きなものを買えるから使い勝手がいいのにもかかわらず

旅行のチケットを選ぶ。

 

時間をプレゼントして、好きなことをして良いよって言っても

出先で探しているのは家族へのお土産ばかり。

 

美容グッズとケーキを同時に出して、選んでもらうと

ほとんどが後者を選びがちなんです。

 

本当に奉仕精神が強いって事なんです。

 

なので、母の日にプレゼントをするときのテーマは

 

みんなで共有できるもの

 

これを選ぶと、素直によろこんでもらいやすいんです。

 

だから、金券や商品券を渡すよりも、

みんなの分の映画のチケットであったりだとか、

テーマパークの入場券など。

 

モノをあげるにしても、

美容グッズやアクセサリーよりも、

みんなが生活で使えるものや、食べ物など。

 

そこにオプションとして、

今日は料理をしなくてもいいや、

友人やご両親などを招くなどのサプライズをすれば

なお喜んでもらえるんじゃないでしょうか!

 

そして、これにはもう一つメリットがあります。

 

それは、贈り物を渡しやすいということです。

 

なんか改まって渡すのってはずかしいですよね?

 

きっとこの理由渡せないって方は多いでしょう。

 

でも、みんなが喜べるものなので、

「はい、母の日のプレゼント。

っていっても、自分も欲しかったやつだけど」(笑)

 

というふうに、冗談でごまかせちゃいます!

 

みんなで共有できるからこそなせる技です!

 

これだと渡すほうも、貰うほうも

なんか自然にできそうですよね。

 

ちなみに牛久では、そういった観点から、

よくお肉の贈り物といえば『ステーキ』ってイメージが強い

みたいですが、わたしは焼肉かすき焼肉を提案しています。

 

ステーキを贈ると、結局みんなで分けようって事になって

お母さんが一番少ないってケースになりやすいからです。

 

これでは、贈ったほうも貰ったほうも気まずくなります。

 

なので、みんなで囲める食卓用のお肉がやっぱり人気ですね!

【牛久オンラインショップ】

 

どうでしたか?

少しは参考にしていただけると幸いです!

 

あなたのお肉ライフがより良いものになる事を願っております!

 

フナさんでした!

 

スポンサーリンク

 

(Visited 101 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です