大阪は高槻で柔らかい焼肉を日々研究する精肉店の話

関西は『牛』、関東は『豚』。東西の肉の違い



西牛東豚

 


こんにちは。大阪は高槻でA5ランク黒毛和牛をメインに扱い、毎朝手作りで作る

コロッケやハンバーグを販売している、本格精肉店のオーナーを勤めているフナさんです!

 

質問です。

あなたの中で『肉』といわれた時になんの肉を思い浮かべますか?

牛ですか?豚ですか?鶏ですか?

関西の方は当然「肉ってゆうたら牛やろ!」って思いますよね。

関東の方なら「肉って基本は豚肉だよね」って思います。

九州の方の中には「肉ゆうたら鶏肉や」という方も中にはいます。

 

このように地域によって「肉」の定義が違うんですね。

料理別の肉の違い


・カレー

あなたの家庭での定番中の定番料理といえば「カレー」もその一つですよね。

でも、このカレー。実は関西と関東では全く異なる食材の差があるのです。

それが、お肉です!

関西ではカレー肉は基本「牛肉」。関東では「豚肉」がメインで使われます。

関西では豚肉のカレーは「ポークカレー」と伝えないと、カレーに豚が入っていることが

違和感なのです。

関東の方も「牛肉入りはビーフカレー」と呼びます。

関西で「ビーフカレー」というワードはまず使わないですね。

庶民の定番「カレー」も東西でこんなに違うのです。

↑ 「カレー」に入れる「肉」の分布図(再録)

 

 

・肉じゃが

実際に、あなたのおうちの肉じゃがは何の肉でやりますか?

関西の方は「牛以外の肉じゃがなんか見たこともない」って方は非常に多いです。

しかし、関東では「肉じゃがの基本は豚肉だよ」って家庭がほとんどです。

 

・しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶも同じです。

関西の方がしゃぶしゃぶしようというと、自動的に牛肉が出てきます。

豚肉でする場合は『豚しゃぶ』と言います。

でも、関東の方は、しゃぶしゃぶをするといえば豚肉が当たり前で、

牛肉でする場合は『牛しゃぶ』と言うんですね。

お互いわざわざ『豚しゃぶ』や『牛しゃぶ』って言葉を使っているのが不思議ですよね。

 

ほかにもまだまだあります。

 

・おでん

関西の方のおでんの定番といえば串に刺さった『牛すじ』ですよね。

これって当たり前じゃないですか。

でも、関東では牛すじなんて入れないんです!

「えええ~~~!!!」っていう驚きの言葉が関西の方から聞こえてきそうですね(笑)

そのくらい関西で牛すじをおでんに入れるって事が当たり前なんです。

 

余談ですが、関西には「はんぺん」も「ちくわぶ」も存在しません。

これを聞いた関東の方は「信じられな~~い!」って驚いているでしょうね!

・ホルモン

ホルモンなんかも関西と関東では常識が違って、

関西では当然「牛のホルモン」が当たり前です。

しかし、関東では普通のホルモンは豚、牛のホルモンは「牛もつ」と呼んでいます。

 

このように関西と関東では、お肉だけで見てもこれだけ違いがあるんですね!

このような現象を『西牛東豚』といいます。

 

なぜ東西でこんなに文化が分かれたのか?


もともと農耕用の家畜が東西で違ったのが大きな要因だと言われています。

関東では農耕用で活躍していたのが「馬」だったのに対し、

関西では「牛」が主に活躍していました。

 

理由は、関東は比較的に気温が低く、早く作業を進めたいという理由で「馬」が

使われていたのに対し、関西は、気温がさほど低くないので、パワーのある「牛」

を採用したといわれています。

 

そこから明治時代になり、外国から「食肉文化」が日本で流通し、

農耕用で家畜をしていた牛や馬を食べる文化ができ、

牛は日本人に受け入れやすかったので、そのまま文化に組み込まれたのですが、

馬は当時、あまり日本人に好まれなかったため、あまり文化として根付くことがなかったんです。

そしてそうこうしているうちに、関東で「養豚ブーム」が起こったのです。

今の時代から思うと「なんだそのブームは」と思っちゃいますが、

当時、まだまだ豊かさが成熟していなかった日本にとっては画期的な出来事だったのです。

 

その名残が今にも伝わり、西は牛、東は豚の流れができたと言われています。

 

肉業界での東西の違い


われわれ肉の業界でも、関西と関東の違いがあったりします。

お肉がお店に納品される時は、ほとんどが各部位に分かれた状態で入ってきます。

お肉をブロック分けする前の状態がいわゆる「枝肉」という状態です。

 

この枝肉を、各部位に分け捌いて流通されるのですが、

枝肉の分け方が、関西と関東では違うのです!

 

関西の分け方を「関西カット」

関東の分け方を「関東カット」と呼んでいます。

 

たとえば、ロースという部位は、背中にまっすぐ伸びる部位なのですが、

このロースをどこで「肩ロース」「リブロース」「サーロイン」に分けるのかも

関西と関東では違ってくるのです。

他にもウデの部位の分け方や、バラの部位などカットする部分が微妙に違ったりします。

 

例えば肩ロースのリブロース側は、関東の方が長くカットしますので、

関東のお肉の方が多少高くつくことがあります。

でも、肩ロースにミスジが付いていたりもしますので、

どっちが得でどっちが損っていうのはわかり難いのですが、

実際に関東の方が、関西でお肉屋さんの仕事をすると、

「肉の形や捌き方が全然違うから最初は戸惑った」

という人も少なくないんです。

 

まとめ

こうやって見ていくと、同じ日本の本州でも、これだけ違いが現れるんですよね。

 

ちなみに、一番食べたいものは?というアンケートで「肉」と答えた人がもっとも多かったのが

大阪と兵庫県だったみたいです。

やっぱり関西は「牛肉」を普段から食べる事が当たり前なんですね。

↑ 都道府県別・「牛肉」「豚肉」の年間消費(購入)金額の高低(2016年)(再録)

関西の人に「今、空前の肉ブームですよ」って言ってもあまりピンと来ないのは、

常日頃から「牛肉」を食べるのが当たり前だから、改めてブームと呼ぶほどでもない

ってことなんでしょうね。

 

「カレー」や「肉じゃが」「すき焼き」で普段からさんざん『牛肉』を食べていますから、

ローストビーフ丼のブームもあまり関西では盛り上がらなかったワケです。

「ローストビーフ...」の画像検索結果

関西の方なら一度は思ったことでしょうが、

そもそもローストビーフ丼がそんなに珍しいものでもなかったんです。

ユッケやたたきが普通に販売されていた頃は、これらをご飯の上に乗っけて

食べる事が珍しいことではなかったからです。

なんだったら、10年以上前からローストビーフ丼って関西では普通によくありました。

ただ、あえて食べたい!!ってモノでもなく、たま~に変り種で食べるってくらいの

位置づけだったので、空前のローストビーフ丼ブームは関西人からしてみれば

以外だったかもしれませんね。

 

あなたが普段食べているお肉が、実は違う土地では考えられない食べ物なのかも

しれません。そんな事を考えながら食べるのもおもしろいかもしれませんね。

関西人の当たり前「どて焼き」なんかもこれから関東で流行るかも・・・

「どて焼き」の画像検索結果

あなたのお肉ライフがより良いものになる事を願っております。

 

フナさんでした!

スポンサーリンク

 

 

(Visited 6,873 times, 5 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です