大阪は高槻で柔らかい焼肉を日々研究する精肉店の話

これを読めば子育て主婦のすごさがわかる!


こんにちは!大阪は高槻でA5ランク黒毛和牛の焼肉をメインに、朝一手捏ねで作るコロッケやミンチカツ、ハンバーグを販売している本格精肉専門店を営んでおりますオーナーのフナさんです!

スポンサーリンク

 

わたしの商売は、おもに主婦の方がご利用されることが多いので、

わたしも常々主婦の方の気持ちや、わたしたちにできる事は何なのかを

考えています。

 

すると、主婦ってものすごくブラックな仕事だなぁとつくづく思います。

だって、めちゃくちゃ一生懸命働くことが「あたりまえ」

になっていて、評価をされることがないんですよ!

 

男性が外で働いている状況と照らし合わせると、

 

より、お客の事を考えて、より、役に立つ事をすると

売上という結果が出ます。

その売上を積んでいくと、自己評価につながり、

対価やポスト、名誉などに反映されます。

 

でも、こうやって外で活躍できたり、

子どもが勉強に打ち込めるのって、

家庭を円滑に回している【人】がいるからなんですね!

 

ですが、それがあたりまえと捉えられているのが現状って主婦さんが

非常に多いのが現実なんです。

 

前回は『専業主婦』の方にフォーカスをあててお話しましたが、

今回は、『子育て主婦』についてお話します。

 


なにも通じないのが基本です!

 


先ほどもお話したとおり、

男性は活躍すれば評価される世界で生きています。

 

評価されるということは、お客も、上司も

基本的な意思疎通ができるってあたりまえですよね?

 

でも、主婦のなかには、それすらもままならない

環境ってのがあるんですね。

 

それが「育児」です!

幼稚園の年中さんくらいまでは、

大人の言っていることを理解していない

子どもがほとんどです。

 

何回言っても同じ悪さを繰り返す。。。

 

これ、男性社会なら「こいつはだめだ・・・」とそれなりの措置がとれたりします。

 

ですが、いざ幼児となると、それなりの「措置」

は存在しません。

 

逆にそうなればなるほど真剣に向き合わなければ

なりません。

 

生活の軸が〝自分”から〝子ども”にならざるをえません。

 

そして、子どもだけではなく、その他の家族を

想って家庭をまもる。

 

これってすごくないですか!!?

 

前回も言いましたが、ここまで自分以外に尽くすって

そう簡単にできる事じゃないですよね!?

 

こういった経験がのちに、人の痛みやつらさの解る本当の『教育者』

になれるチケットを手にするのですが、

現在その状況にいる子育て奮闘中の主婦の方は

そんな事を考えている余裕なんてないはずです。

 

わたしは何が言いたいのかというと、

もちろんこれを子育て中の主婦さんに読んでもらって、

何かの共感や励みになればと考えていますが、

本当は、そういった人の傍にいる人に読んでいただきたいのです。

 

自分たちがあたりまえと思っている日常って、

その裏には、伝わりにくい努力があるって事を。

スポンサーリンク

 

どんどん孤立化する社会っていいますが、

実際男性はあまりわからないと思います。

 

会社に行けば、同僚や上司、得意先などと

一定のコミュニケーションがあるからです。

 

ですが、育児をしている子育て主婦って本当に【孤立】してしまいます。

 

一日中家族以外の誰とも話さないなんてことは

珍しくありません。

 

身の周りの人が、仕事をしている人ばかりだと、

なぜだか社会に取り残されている気になっちゃいます。

焦ってくるんです。

 

これではダメだと、自分の母親などとコミュニケーションを

図っていくようにすると今度は、

「親のスネばっかりかじっている」

と、心無い言葉を浴びせられたり・・・

 

おそらく子育て主婦の方はその状況を望んでいるわけではありません。

 

ですが、それが現実だと受け止めなければなりません。

 

もちろん、子どもを産むってそういう事だって理解はしています。

 

でも、周りの人も理解しているって事が前提にないと

成り立たないってことです。

 

そういった〝当事者”でない家族が、子育て主婦を

理解して、精神的なよりどころをつくるってものすごく

大事なことだと思います。

 

当店に来られた4人家族がいらしたのですが、

そのお母さんは3人目妊娠されていました。

 

そのお母さんに

「元気をつけてもらわないと困るから、わたしがステーキ買ってあげる~!」

っていう娘さんがいました。

まだ、幼稚園児だと思うのですが、

その何気ない言葉にお母さんは

本当にうれしそうな笑顔を浮かべていました。

 

こういった言葉や行動で、

お母さんや奥様の大変さは理解しているよ!ってだけでも、

子育て主婦さんは報われます。

 

なので、陰ながら努力をし、日の目を浴びない活躍をしている

おかあさんの気持ちを理解していきましょうって事を

伝えたかったのです!

 

あなたの生活が、より良いものになる事を願っています!

 

フナさんでした!

 

スポンサーリンク

(Visited 128 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です