大阪は高槻で柔らかい焼肉を日々研究する精肉店の話

肉フェスの評判 どんなイベントなの?



今年も開催!肉フェス ワンダーランド

 


 

こんにちは!

大阪は高槻でA5ランク黒毛和牛をメインに、

朝一手作りのコロッケやミンチカツを販売する

本格精肉店を営んでおります

オーナーのフナさんです!

スポンサーリンク

いまや毎年、ゴールデンウィークの風物詩にもなっている

「肉フェス」が今年も開催しています!

全国の肉自慢のお店が一同に介する

野外フードイベント。

そんなお肉のビッグフェスティバルについて

お肉の専門家から見た情報や感想をお伝えします!

 

動画でも詳しく解説しています↓

来場者は8万人!!


年々盛り上がりを見せている肉フェス。

開催地も東京お台場で開催しているということもあって

すごい賑わいのイベント!

肉フェス公式サイトはこちら→

 

なんと1日8万人の来場者数を叩き出すってタダモノじゃないですよね!

ちょっとした街の規模の人数ですよ!(驚)

それだけ肉に飢えている人が多いのかなぁ

なんて思ったりもしますが、

実際お店にいるとそんな様子は見られません・・・(汗)

 

とにかくすごいイベントです!

 

では、いったいどんなイベントなのかをもう少し

詳しく解説していきます。

 

 

価格は結構高め!?


そもそも「肉フェス」って何ができるの?

って思っている方もいると思いますので

どんなイベントかを説明します。

 

全国の肉料理自慢が集結

ザクッと言えばこんな感じです。

他にも、有名人のトークショーや

アイドルのステージイベント、

ダンスパフォーマンスなど

数々のイベントも企画されているみたいですが、

わたしが行った時の感想からすると、

そういったイベントで集客しているって感じはあまりしませんでした。

ようは、あまり盛り上がっていない雰囲気です。

 

ちょっと食とイベントがミスマッチしているんですかね?

 

会場は野外

ですので、天気が良い日は炎天下の下でイベントを見る

という状態ですので、そういった事も原因かもしれません。

出店店舗数も結構多く

常連のお店と新規参入店を合わせると

50店舗近くなるかと思います。

 

常連の店舗はなんしか行列がすごく、

ひどい時には、1品手に入れるのに

1時間くらい並ばなければいけないって事も・・・

こういった事が今年の肉フェスでは

改善されているのかも気になるところです。

 

ちなみに去年はまったく改善されておらず、

お店のレジも1台という状況。

ここは絶対なんとかしないと!って思ったポイントでした。

 

気になるお値段は・・・

 

一番安くて700円です。

その次は1400円、

そして2100円という風に

7の倍数で価格は設定されています。

 

お店ごとに価格が違うっていうシステムではなく、

一律の価格設定の中で、何を提供するかって事です。

 

なので、正直コスパの悪い商品もあります。

 

なので、商品を選ぶ際はとことん吟味しないと

ハズレを引く可能性もあるのでご注意を!

 

ちなみにわたしも以前、【B級グルメ】のイベントに出店したことが

あるのですが、その時は各お店ごとに商品の品質、量、スタッフの数が

ことなるため、価格はお店ごとにバラバラでした。

なので、コスパは比較的安定していた感じだったので

肉フェスの価格設定システムはなかなか攻めている印象です。

 

肉フェスの価格には、主催者側に支払われる金額が含まれています。

主催者の「AATJ」には一商品あたり280円がロイヤリティーとして

支払われるので、700円の商品なら40%は主催者の売上なのです。

 

そりゃ、結構高い商品価格になるわけですね(笑)

 

出店しているお店は別に、出店料も支払っていて、

高いところでは100万円くらいだそうなので、

主催者の「AATJ」の一人勝ち状態!

出展者側は必死ですよね。。。

スポンサーリンク

去年の食中毒を出したのも「AATJ」


2016年の春に開催された肉フェスで大きな事件が起きました!

 

「集団食中毒」

 

ハーブ鶏のムネ肉とササミのにぎり寿司。

表面はボイル、または炙って出していたそうですが、

商品を見る限り、けっこうヤバそうなくらいの生感・・・

100人以上が腹痛などを訴え、

病院に行った結果、「カンピロバクター」が検出されたみたいです。

 

鶏の生肉を食べて感染した模様で、

そのすべての人に共通していたのが

「鶏のにぎり寿司」だったのです。

 

そして、これを販売していたのが

主催する「AATJ」だったそうですから

当時はかなり問題視されました。

 

この手の食中毒は、火を通していても、

結局生の肉を触った手で、寿司をにぎっているケースが多く、

火が通っていても厨房内がちゃんとしたオペレーションかどうかで

引き起こっちゃいます!

 

この問題後の対応ってどんな感じなのか調べましたが、

行政からは〝注意勧告〟が出ただけで、

『提供意識をしっかりと持って、自己管理を徹底する!』

って事です。(苦笑)

 

食べる側が気をつけなさいってことですね(笑)

 

 

Twitterでは結構炎上!?


 

このような現状から

Twitterでは結構炎上していました。

 

商品の比較写真を見ても、

「こりゃちょっとひどいなぁ・・・」

っていう商品があったりと、

提供者側がいかにキツイ条件でやっているかが

見てとれます。

『詐欺だろ!』とか『気持ち悪い食べ物だ』

なんていう意見も出ていましたので、

出展者サイドのクオリティーを保つためにも

出店基準と条件緩和が必要な気がします。

 

ずべてのお店がこんな状態ではないのですが、

こういったお店があると

どうしても一括りにされちゃうので

ちゃんとしたお店が出てほしいですね。

 

 

まとめ


今回いろいろと「肉フェス」について考えてみましたが、

肉屋のオーナーから見た感想では、

「出展者、消費者共に満足できそうにない」

っという、すこし厳しめの意見を。

 

行楽シーズンでゴールデンウィークということもあり、

みんなの気持ちも舞い上がっているのはわかりますが、

ちょっと商品の値打ちを考えると〝ひどい〟という印象。。。

 

一番の根源はやっぱりイベント自体の「システム」

なのでしょう。

 

せっかくこんなに注目されるまで成長したイベントですので、

食肉業界の人間として、

これからもっと繁栄してもらいたいです。

 

そうするためには、回を重ねるごとに

クオリティーを上げていかないと

結局短い命になってしまいます。

 

衛生面や、価格面、収益面、サービスなど

あらゆる内容をもう一度見直して、

食フェスの模範になっていただけるような

本当に楽しいイベントにしていっていただきたいと

切に思います。

 

あなたもこのゴールデンウィーク、

楽しい思い出を作るために、

納得のいくスポットに行ってくださいね!!

 

あなたのお肉ライフがより良いものになる事を願っています!

 

フナさんでした!

 

スポンサーリンク

(Visited 2,725 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です