大阪は高槻で柔らかい焼肉を日々研究する精肉店の話

焼き肉の不思議。そもそもカルビって何?


こんにちは!大阪は高槻で、A5ランク黒毛和牛の焼き肉をメインに、朝から一つ一つ手作りで作る

コロッケやハンバーグを販売する本格精肉店を営んでおります、フナさんです!

 


あなたは騙されている可能性が非常に高い!

 


スポンサーリンク

 

こちらの動画で詳しく解説しています ↓

これは、つい先日、わたしが焼肉屋さんに行ったときのお話ですが、

 

まずはじめに、わたしはロースを頼みました。

 

すると、出てきたのは完全に「イチボ」でした。

 

わたしはロースを食べたかったのですが、

この店のロースは「イチボ」で提供しているお店だったのです。

 

そして、続いて、壺漬けカルビというものがあったので、

それを注文すると、

わたしが想像していたカルビとは全く別の、

赤身のお肉をタレに漬け込んだお肉が出てきました。

 

わたしは、脂がしっかりと乗ったお肉を想像して注文したのですが、

出てきたのは、ザ・ヘルシーと言わんばかりの赤身肉。

 

その後、ハラミを注文して、出てきたのは、

バラに付いている部分の「インサイドスカート」

という部位でした。

 


これって騙してない?

 


そうなんですよ!実はお肉屋さんや焼肉屋さんって

こういった事が普通に行なわれているんですよ!

 

『詐欺』って言われても文句いえないレベルですよね。

 

そもそもカルビって部位は存在しない

 

って知ってましたか?

 

カルビっていうのは、あくまでも商品名なんです。

 

例えばバンドエイド。

 

これって、商品名なんですね。

 

この物自体の名前は「絆創膏」です。

 

このように、あたかもその物自体の名前かのようになってしまっている

お肉があるって事です。

 

赤身のモモを何食わぬ顔で「カルビ」ってうたっちゃう。

ちなみにこのお肉はイチボ

この事自体が悪いわけではありません。

 

カルビが脂ののったお肉だと思い込んでいるのは、

利用者側だから。

ようするに思い込みなんですね。

 

でも、このことを利用して行なわれている事があるんです。

 

それが、部位名を偽って販売するって事です。

 


ロースは商品名ではなく、部位名です!

 


先ほどのカルビについては、もともとカルビという部位は

存在しないので、極端な話、

なんでもカルビって言うことができます。

 

でも、「ロース」になると話は別です!

「ロース」という部位が存在している以上は、

ロースを提供しないといけないですよね?

 

利用者側は、ロースっていう部位が食べたいわけですから。

 

でも、ロースじゃない部位を提供しているお店、

信じられないかもしれませんが、

こんな事をしているお店はたくさん存在します!!

 

「ロース」というのは商品名じゃなくて、部位名。

 

ちょっとややこしいですかね?(笑)

 


あなたが知っているハラミも、実は・・・

 


多くの人から支持を得ているお肉の一つ「ハラミ」。

 

実はこのお肉も、ハラミじゃないって事がかなり多いです。

スポンサーリンク

 

わたしの主観ですが、10軒焼肉屋さんに行って、

ハラミじゃないお肉を出してくるお店が7軒くらいはあるでしょう。

 

このくらい、本物のハラミを提供しているお店って少ないのです!

 

あなた中で、ハラミというお肉はどんなイメージですか?

 

安くて、やわらかくて、赤身ってイメージないですか?


実はハラミは『高級なお肉』なんですよ!

 


これを言うと「ハラミが高級!?うっそだぁ~~」

って言われたりします。

 

そのくらい本物のハラミを食べていないって事です!

 

安く販売されているハラミのほとんどが、

【インサイドスカート】

という、バラの部分のお肉を提供しています。

 

その見た目が似ていることから、

インサイドスカートをハラミだとうたって販売するのです。

 

もちろん、仕入れ値は半分以下。

 

味や食感に関しては、まったく別物です!!

 

だから、本物のハラミを提供しているお店が

「ぼったくり」みたいに見えちゃうんです!

 

これって最悪ですよね・・・

 

ルールを完全に無視して、お客様を騙して販売しているから、

ちゃんと正直に商売しているお店が被害に合うってケース。。

 

実際、わたしのお店でもハラミを販売しています。

もちろん〝本物”の。

 

ですが、お客様の中には

「ここのハラミめっちゃ高~い!」

と言われたりします。

 

全然適正価格で販売しているんですけどね(汗)

 

国産のハラミを100g480円とかで販売していたり、

焼肉屋さんで1人前680円で販売しているお店が

ありすぎて、本物が「ヤバイ商品」って思われているんです!

 

正直、1人前680円で国産のハラミを売っていたら

お店は潰れちゃうレベルです。

 

お肉屋さんが100g480円で販売していたら、

ハラミの原価より安い販売価格になっちゃってます!

そんな商売ありえませんよね!?

 

これって企業努力でもなんでもなくて、

ただただお客様を騙して売る

「偽装販売」で儲けているんです。

 

こういった事が平気で行なわれている現状を

少しでも多くの方に知っていただかないと、

今も、平然とした顔で、あなたを騙してウソの商品を

販売しているお肉屋さんが増える一方なんです。

 

この前仕事で京都に行ったときに、

かなり名の通った老舗が、

ブランド牛を偽って、平気で輸入牛を販売している

お店を見てきました。

 

これを企業努力って呼んでいいのでしょうか??

 

こうしたお肉屋さんに負けずに、

本当に価値のあるものを、

適正価格で販売しているお肉屋さんと

われわれタッグを組んでがんばっていきます!

 

 

あなたがお肉を買う時に

騙されないよう、これからも情報発信をしていきますので、

これからもよろしくお願いします。

 

あなたのお肉ライフがより良いものになる事を願っております。

 

フナさんでした!

 

スポンサーリンク

(Visited 1,254 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2 thoughts on “焼き肉の不思議。そもそもカルビって何?

  1. 若杉

    たまたまこの記事を拝見させていただきました。
    管理人様のおっしゃる通り今の焼肉店って酷いものです。
    実は私は名ばかりの高級焼肉にて勤務しておりますが、そこの料理長ですらロースと言う部位はなく赤身なら何を売ってもいいなどという訳の分からん事ばかり…正直、肉屋自体も儲けるためその様に教えている始末。勿論まともに肉に愛情を持って商売している所もあります。管理人様のような一お客様を大切に少しでもまともな肉屋、焼肉屋が増える事を望みます。まぁ肉だけの問題では有りません。食品偽造、食中毒…素人の考えでやる様な職業ではありませんからね…

    1. funasan Post author

      若杉さんコメントありがとうございます。
      この問題ってすごく大事なことだと思うんですが、すごく伝えづらいことでもあるので、ジレンマが半端じゃないんですよね。。。
      結局はウソを付いたモン勝ちになってしまって、騙し売りをしていても、社会的ペナルティはほぼ無いのが現状。だから本来の品質で、本来の価格で勝負している店舗は軒並み負け組みになっています。
      食肉業界だけじゃなく、いろんな業界でこれからはもっと、道徳よりも利益優先思考が強くなると思うとゾッとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です