大阪は高槻で柔らかい焼肉を日々研究する精肉店の話

これからの季節にピッタリの肉料理は焼きしゃぶ!


 


これからの季節にオススメの肉料理はこれ!

 


こんにちは!大阪は高槻で黒毛和牛の焼肉を得意とする

本格精肉店を営んでおります、オーナーのフナさんです。

スポンサーリンク

やっと暖かくなってきましたね!

桜は一瞬で散りましたが、

これから青々と茂る植物が、気分をワクワクさせてくれます♪

 

そんな初夏のこの時期。

やっぱりみなさま冬の冬眠から目覚めたかのように

バーベキューを楽しむ方が激増します!

 

でもこれからの季節に、焼肉以外の肉料理で

わたしが絶対食べて欲しい肉料理が

【焼きしゃぶ】

です。

最近はぼちぼち食べる方も増えてはきましたが

まだまだマイナー食。

そんな焼きしゃぶをよりいっそう楽しめる

『焼きしゃぶのすすめ』

を今日はあなたにお届けしたいと思います。

 


高温厳禁!!!

 


焼きしゃぶの一番の敵は

「熱」

なのです。

あなたが焼きしゃぶをしようと思ったときに

使う器具はおそらく「ホットブレート」だと思います。

 

みなさんよくやりがちなミスが

【焼肉と同じ感覚でやっちゃう】

って事。

 

これでは焼きしゃぶの美味さは半分以下に落ちちゃいます。

 

焼肉は高温でサッと焼き上げるのが美味しくするためのコツ。

 

ですが、焼きしゃぶは、薄切り肉なので

すぐに火が通っちゃいます。

 

そんなに高温でお肉の中まで火を通してしまうと

お肉はすぐにパサパサになり、硬くなっちゃいますよね?

 

だから焼きしゃぶの場合は温度を

「低温」

に設定してください。

 

目安としてはだいたい80度くらい。

 

それからは【保温】で大丈夫です。

 

こうすることによって

お肉がフワフワの状態を保ち、

お口の中でちゃんととろけてくれますよ♪

 


焼きしゃぶと相性バツグンな○○とは?

 


焼きしゃぶをされる時に多くの方が悩む1つに

「焼きしゃぶのタレ」

という声が多く聞かれます。

スポンサーリンク

だいたい一般的なのが

ポン酢で食べたり、ゴマダレで食べたり。

 

普通のしゃぶしゃぶを同じ食べ方をされる方が多いのですが…

 

焼きしゃぶはしゃぶしゃぶのアッサリとは真逆で

【食べやすいジューシー肉料理】

です。

 

だから、あっさり料理に使う味付けでは

本来の美味さを引き出せないのです。

 

そこで、焼きしゃぶにもっとも相性の良い食材を

特別にこっそりお教えします!!

 

それは・・・

 

『生卵の卵黄』

です!!

みなさんおわかりですよね?

 

そうなんです。

焼きしゃぶというのは、どちらかというと

「すきやき」の要素を含んでいるって事です!

 

元来すき焼きの卵というのは、

熱々の食材を適温にするための

「熱処理用」として使われていました。

 

しかし、あの卵のまろやかさが日本人の舌にハマり

今では味の一部として卵は欠かせない食材になっています。

 

そんな〝すき焼きの味をまろやかにする〟

という味わいが、焼きしゃぶにも通ずるんです。

 

でも、すき焼きと違うところは

「卵黄のみ」

ということ。

 

これは、すき焼きの場合、

しっかりとしたしょう油と砂糖の甘辛い味が

お肉にしみ込んでいるので、

卵白の要素で、そのトゲのある味を和らげます。

 

かたや焼きしゃぶは、お肉そのものに対しての味付けは

ほとんどありませんので、

濃厚な卵黄のみを使用するってことなんです。

 

なかなか深みのある肉料理でしょ?(笑)

 

そしてその卵黄につけてそのまま食べる。

 

って事をしてしまうと何にも味がしません!

ただただ肉肉しい食べ物になっちゃいます。

 

なので、この卵黄に味を足していきます。

 

わたしのイチオシは

【卵黄一に対して、砂糖一つまみ、お酢少々】

【卵黄一に対して、にんにく醤油少々、ごま油2滴】

【卵黄一に対して、コチュジャン5g、ごま油適量】

 

この3つのレシピがフナさん焼きしゃぶ黄金パターンです!

 

だんだん試してみたくなったんじゃないですか?

 

ということで今日は、これからの季節にオススメの

フナさんレシピのご紹介でした!

 

あなたのお肉ライフがより良いものになる事を願っております。

 

フナさんでした!

 

スポンサーリンク

(Visited 11,603 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2 thoughts on “これからの季節にピッタリの肉料理は焼きしゃぶ!

  1. にし

    誰が言い出したかしりませんが、焼きしゃぶとはおかしなネーミングですね。
    しゃぶしゃぶとは湯をくぐらせる料理法でしょう。
    焼いた時点でしゃぶしゃぶを名乗るのはおかしい。

    1. funasan Post author

      コメントありがとうございます。

      いつの間にやら【焼きしゃぶ】というモノが出来上がっていて、
      ふわ~っとそのネーミングも普及していきましたが、言われてみれば
      そうですね・・・
      調理法としては十分おいしい食べ方なのですが、まだまだ世間の認知度は低いにで、ネーミングが変わったらもっとカルチャーになるかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です